良い最後の別れなら~悔いない葬儀スタイル選びイロハ

葬儀

多様化する葬儀

葬式

葬儀のスタイルは国や地域、そして時代によって大きく形を変えていきます。現代では葬儀のスタイルも多様化し、神戸でも葬儀会館を使用しない自宅葬や身内葬、また直送葬などを敢えて選択する方も増えてきています。

Read more...

散骨という選択

葬式

葬儀のスタイルが変化している現代ではお墓として形が残らない散骨という葬儀方法を選ぶ方もいます。神戸でも海洋葬や山葬などがあり、海洋葬はその代表的な方法です。海洋葬では船で訪れる方法とヘリコプターを利用する方法があります。

Read more...

宗教にこだわらない

葬式

葬儀をする時に故人が無宗教の場合は自由葬を選んでみるのも良いでしょう。自由葬は決まった形のない葬儀スタイルの事で、故人の好きな事や生前に決めていた事を行うことができます。神戸でも自由葬を行うことは可能です。

Read more...

費用の違い

葬式

葬儀を行う時は少なからず葬儀費用が発生します。人生の3大出費にランクインしている葬儀費用は人それぞれ変わってきますが、決して安いものではなく、葬儀費用に使うために毎月貯めているという方もいます。葬儀費用は年々安くなってきていて、以前に比べると選び方にも幅が広がってきました。葬儀費用にそれほどお金をかけたくないと思っているのであれば直葬プランなどを選ぶこともできます。直葬プランはその名の通り直で火葬をする方法です。必要最低限の葬儀儀式を行い、関係のある方とお別れ会をすること無く出棺されます。価格は安く、10万円前後から15万円前後で行うことができます。直葬ではなくしっかりとお別れをしたいというのであればお別れプランを選ぶのも良いでしょう。多少高くなりますが、身内でお別れをすることが出来ます。一日葬などは一日間限定で行われる葬儀で、お別れプランよりは多少規模が大きくなります。価格は30万円前後が相場で、規模が大きい分近い関係者とお別れをすることが出来ます。家族葬等は家族でゆったりと最後を過ごすためのプランです。近年選ぶ方が増えている葬儀スタイルで、神戸の葬儀場でも選ぶことは可能です。
葬儀会館を使用して更に規模を大きくするとセレモニーや式場料金などの料金も発生し、一気に葬儀費用は高くなります。葬儀会館使用プランの場合は関係者の人数によって規模のプランを変えていきます。数百名単位の参列者が訪れる場合は葬儀費用も数百万円かかり、マイクロバスのチャーターやタクシー、また供花などの料金も発生します。望む葬儀の方法によって料金は大きく異なり、葬儀の流れも変わってくるためピッタリ合う葬儀スタイルを調べて探すことが大事になってきます。