良い最後の別れなら~悔いない葬儀スタイル選びイロハ

葬儀

宗教にこだわらない

葬式

葬儀を行う際は故人が信仰していた宗教の方法を以って執り行うというのが一般的です。日本人の場合は仏教が比較的根付いているため仏式の葬儀がよく行われますが、神道を信仰していれば神式で行いますし、キリスト教を信じている場合はキリスト教式で教会で行うこともあります。信仰している宗教があれば新興宗教で葬儀を行なえば間違えることはないでしょうが、日本人は無宗教の方が多い国でもあります。元々が神道信仰地域で、様々な物や現象に神と崇められる存在があると考えられ、万里の現象に対して慣用的な文化が形成されてきました。そのため異国の宗教文化を取り入れることに躊躇がなく、クリスマスやお正月などを楽しみながら行います。そのため進行している宗教が無い方は多く、葬儀を行う際にどの葬儀を行っていいか分からないという場合が意外と多くあります。故人が無宗教でも家系的に仏教系を信仰していれば仏式で葬儀を行う事も多いですが、一人ひとりのスタイルで葬儀を行うのが大切にされている中では信仰していない種類の葬儀を行うのに抵抗がある身内の方もいます。こういう場合は自由葬と呼ばれる葬儀を行ってみるといいでしょう。
自由葬は神戸の葬儀会社でも行なっている比較的新しい葬儀スタイルで、形式にこだわらない葬儀を主に指します。決まった形が無いためどのような葬儀と説明することは出来ませんが、一般的には故人が好きだった音楽を流しながら執り行ったり、しんみりとした雰囲気ではなく、賑やかで食事をしながら最後を見送るというスタイル、また生前に決めていた内容で行うなどがあります。葬儀の儀式をすべて取っ払って行われることもあり、一見すると葬儀と分からないような雰囲気の場合もあります。実際に神戸で自由葬を依頼する時は柔軟な対応力で評価のある葬儀場を利用することが大切です。名前の通り自由なため様々な事を要求することが出来ますが、葬儀会社によって実現可能な範囲は制限されているため思い思いの葬儀をするためには柔軟な対応力が求められてきます。神戸でも柔軟な対応力で評判のある葬儀会社はありますが、たくさんあるわけではありません。また自由葬自体が新しいスタイルなため伝統ある葬儀会社では認知すらされていない場合もあります。自由葬はこれから先増えてくると見られていますが、今のところ少数派のスタイルという事を理解した上で選ぶことが大切です。神戸では自由葬に特化した葬儀プランニング会社もあり、無料で相談することも出来ます。