良い最後の別れなら~悔いない葬儀スタイル選びイロハ

葬儀

散骨という選択

葬式

神戸で葬儀をする時は比較的新しい葬儀の方法も一緒に検討してみるといいでしょう。葬儀のスタイルが多様化している現代では葬儀は何も陸地で行うものだけではありません。例えば散骨という葬儀の方法が有ります。散骨とは書いて字の如く骨を撒く葬儀の方法です。昔から散骨という文化がある地域が日本でもありますが、近年では散骨方法に対応した葬儀会社も増えてきていて、依頼することで散骨を実現することが出来ます。散骨は海洋葬と呼ばれることもあり、指定した海洋域で散骨をすることが出来ます。海洋葬ではこれまで船を用いて散骨するのが一般的でしたが、より広範囲に散骨が出来るようにヘリコプターを用いたフライト散骨をすることも出来るようになっています。生命は海の海底深くで誕生したと言われており、海洋葬をすることで生まれたところへ帰っていくという意味も含まれています。海洋葬は形の残らない葬儀の代表的なもので、形にこだわらず自分に合ったスタイルを求める現代人にピッタリの葬儀方法と言えるでしょう。
海洋葬を行う時はまず何処の海洋領域で散骨を行うか決める必要があります。神戸で行う時は神戸港から出発し、モラル的な配慮から陸岸から10km以上離れた場所で散骨をすることになっています。10km以上離れていれば何処でもいいかというわけでも無く、沖合周辺になります。ココらへんは実際に行う時に葬儀スタッフと相談することである程度受難な対応をしてもらうことが出来るでしょう。海洋葬では代表者となる数名の方を一緒に船やヘリコプターに搭乗し、散骨作業を行いますが身体的に難しいという場合は葬儀会社スタッフに代行してもらうことも可能です。散骨が完了すると散骨ポイントを示した海洋域が示された証明書を受け取ることができ、言わばこれがお墓のような存在となります。散骨は海洋葬だけでなく、山葬をすることも出来ます。ただし山葬は条例などで禁止されている場合もありどこの葬儀場でも可能というわけではありません。神戸で山葬をするという時はよく調べて選ぶ必要があり、山葬の特徴なども調べておきましょう。