良い最後の別れなら~悔いない葬儀スタイル選びイロハ

葬儀

多様化する葬儀

葬式

生きていれば必ず経験するのが死でしょう。死を避ける事は出来ず、古来から宗教的な側面の影響を強く受け、現代でも葬儀という儀式を行います。葬儀は国や地域が異なればその形は大きく異なり、また時代によっても変わってくるものです。神戸では神戸の風習で作られた葬儀の流れがあるでしょうし、葬儀に対する考え方が変われば変化してくるのは当たり前のことで、年々葬儀のあり方は変わってきました。例えば以前は葬儀といえば大勢の関係者を呼び、葬儀会館で行うのが一般的でした。しかし最近では葬儀会館を用いた葬儀を行うのが珍しくなってきており、少数人数で本当に縁のある方のみで済ませる事が増えてきています。これは葬儀だけでなく、冠婚葬祭全てに言えることで、中身にこだわるために規模の縮小化が行われるようになってきていると言えるでしょう。
葬儀場では多様化する葬儀スタイルに対応するべく、様々な葬儀プランが登場してきました。中でも近年選ぶ方が多いプランとして自宅葬が有ります。自宅葬とはその名の通り自宅で葬儀を全て行なってしまおうというプランで、葬儀場などを使用することがありません。当然料金も安くて40万円前後で可能になります。自宅葬を選ぶ理由は人それぞれですが単に葬儀費用が安い方選ぶ方ばかりではありません。故人との別れを長年住んできた自宅で行い、故人との思い出や故人に対する思いやりなどが込められて居ることも有ります。自宅葬以外には身内葬などがあり、身内のみで静かに執り行い改めてお別れ会等を行う方法に用いられます。生前での社会的立場が高く葬儀会館等を使用すると葬儀規模が大きくなってしまうおそれがある場合などでも身内葬は用いられます。これまで紹介した葬儀は全て何らかのお別れのシーンがあるプランでしたが、お別れが一切ない直送葬も最近では登場しています。料金は安く身内が居なかったり、また家族に迷惑をかけたくないと終活の段階で直送葬を選ぶ方も増えています。これら多様化する葬儀に対応した葬儀場は神戸を始め全国各地で見つけることが出来るでしょう。神戸で葬儀を行う時は葬儀のプランと、そのプランが意味することをよく理解した上で選んでおきたいです。